SCE、所持UMDゲームを安価にDL購入できる「UMD Passport」サービスを開始

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)は、PSPのUMD版ゲームタイトルを所有しているユーザーが、同タイトルのダウンロード版を購入される場合、通常のPlayStation Store(PS Store)販売価格よりも安価で購入できるサービスプログラム「UMD Passport」を12月6日(火)より開始する。

これにより、例えばPS Vitaを購入するユーザーが既にUMD版のゲームタイトルを所有していた場合、同タイトルをPS Vitaで気軽に楽しめるようになるという。

サービスの利用においては、専用アプリケーションである「UMD登録アプリケーション」を無料で提供。PS StoreからPSPに同アプリをダウンロードした後、UMDを挿入した状態でアプリのナビケーションに従っていくと、自身のPSNアカウントへのUMD登録が完了し、サービスを利用できるようになる。

現段階で40社以上、約200タイトルが対応を予定しており、順次、各ソフトウェアメーカーと協力しながら対応タイトルの拡充を行う。サービス開始時全対応タイトルについては、2011年11月中にPS Vitaプロモーションサイト(http://www.jp.playstation.com/psvita/index.html)にて公開する予定だという。

現段階で対応が決定している作品と価格、および今後対応予定のメーカーは下記の通り



http://www.phileweb.com/news/hobby/201111/11/863.html


http://www.jp.playstation.com/psvita/compatibility/umd/
[PR]
by optima9 | 2011-11-11 16:55 | GAME | Comments(0)